携帯サイトで副業を始めるブログ

携帯サイト用のドロップシッッピングテンプレートやお役に立ち情報などを紹介していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みなさまの応援でこのサイトは成り立っています
>>> にほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ  <<<
いつもありがとうございますm(._.)m 謝謝!
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

携帯サイトとして認識させる 

最近、ある方から質問を受けましたので、回答と共に記載いたします。

質問1
携帯サイトとして認識させるには?

回答
以下のサイトでの説明もあるように「それっぽく」作ればいいです。
http://neoinspire.net/archives/99
http://mbnk.blog120.fc2.com/blog-entry-95.html


質問2
DOCTYPE宣言はどうしますか?

回答
DOCTYPE宣言については以下のように携帯サイトとして認識してもらう為の記述をします。
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//OPENWAVE//DTD XHTML Mobile 1.0//EN" "http://www.openwave.com/DTD/xhtml-mobile10.dtd">

ちなみにパソコンサイトは以下のような感じです
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">



質問3
Ktaistyle(wordpressのプラグイン)も使う必要がありますか?

回答
Ktaistyleはパソコン用に作ったサイト内のデータを抽出して携帯用に表示するだけなので、モシモバイルでは使う必要はありません。


以上、手短ではありますが何か改善策を見つけたらお知らせします。
みなさまの応援でこのサイトは成り立っています
>>> にほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ  <<<
いつもありがとうございますm(._.)m 謝謝!
スポンサーサイト
[ 2009/12/26 23:46 ] 携帯サイトの作り方 | TB(0) | CM(0)

携帯サイトの装飾 

携帯サイトは容量を節約しながら、表現力を豊かにサイトを作らないといけませんが、その解決法として例えば、フォントや記号自体に色を付けるという方法があります。


とか

とか

とか


さらにこれらにセンタリングや点滅も組み合わせてこんな感じ↓

\\\ | | | | ///
カートに入れる
/// | | | | \\\

これらの方法はページ容量を節約しつつ、ちょっとだけにぎやかになる方法です。
みなさまの応援でこのサイトは成り立っています
>>> にほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ  <<<
いつもありがとうございますm(._.)m 謝謝!
[ 2009/07/14 10:40 ] 携帯サイトの作り方 | TB(0) | CM(0)

トップページは目次 

携帯サイトは、その表示できる面積がPCに比べてかなり小さいため、目的のページにアクセスしやすいするようにすることが大事です。

また、PCサイトではトップページに派手な画像やFlashを使う場合もありますが、携帯サイトでは容量やその他の理由により使うことができません。

結果的には目次のようなトップページになる方が望ましいです。
もちろん、モシモバイルではこのような設計思想で作りました。

まあ、例としてスターフライヤーのサイトをご確認下さい。

携帯版はgooモバイルのURL入力窓にhttp://www.starflyer.jp/mobile/と入力してご確認下さい。
みなさまの応援でこのサイトは成り立っています
>>> にほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ  <<<
いつもありがとうございますm(._.)m 謝謝!
[ 2009/06/21 20:59 ] 携帯サイトの作り方 | TB(0) | CM(0)

ナビゲーションを統一 

上下に移動するリンク、ヘッダーやフッターにあるパンくずリストなどのページ内での移動リンクはデザインを全てのページでデザインを統一する方べきだと考えます。
そうでないとサイト訪問者は違うページになるたびに戸惑ってしまうからです。

携帯サイトはどうしても縦長になってしまうので、特に上下に移動するリンクはPCサイトに慣れている方はなじみがないかも知れませんが、アンカーリンクを上手く使えば実現できます。

  • <A Name="アンカー名"></A>
    をページ内の飛ばしたい場所へ埋め込み
  • <A Href="#アンカー名">~</A>
    がその場所へ飛ばす、リンクタグになります。

みなさまの応援でこのサイトは成り立っています
>>> にほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ  <<<
いつもありがとうございますm(._.)m 謝謝!
[ 2009/06/11 21:31 ] 携帯サイトの作り方 | TB(0) | CM(0)

基本はドコモ向け 

携帯サイトはPCサイトよりも機種依存の傾向が強いため、理想を言えばリダイレクトで各キャリアごとに作ることもがいいです。

しかし、各キャリアごとに作ると言うことはそれだけテンプレートが増えることになるので手間がかかりすぎます。

そこでなるべく多くの機種で表示可能なようにドコモ向けに作るほうが良いです。

CSSは使えなくなりますがこうすれば、各キャリアの携帯で表示されます。

というこでヘッダーの宣言文は以下のような感じが良いです。

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//i-mode group (ja)//DTD XHTML i-XHTML(Locale/Ver.=ja/2.0) 1.0//EN" "i-xhtml_4ja_10.dtd">
みなさまの応援でこのサイトは成り立っています
>>> にほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ  <<<
いつもありがとうございますm(._.)m 謝謝!
[ 2009/06/07 20:54 ] 携帯サイトの作り方 | TB(0) | CM(0)

ターゲットの絞込み 

携帯サイトを作る前に、利用者はどういう人であり、どういう状況なのか考えてみます。

いろんな状況が考えられますが、ほとんどの場合
  • 通勤通学の電車内
  • 外出先
  • ちょっとした空き時間
  • 暇つぶし
などの場合が多く、サイトの種類によっても年齢層はだいたい以下のとおりです。
  • コミックサイト・・・10~20代
  • ゲームサイト・・・10(中高生)
  • ショッピング・・・20~30代
  • コミュニティ・・・10~30代(女性が多い)
  • 政治経済を含めた情報サイト・・・20~30代(男性が多い)

みなさまの応援でこのサイトは成り立っています
>>> にほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ  <<<
いつもありがとうございますm(._.)m 謝謝!
[ 2009/06/05 21:08 ] 携帯サイトの作り方 | TB(0) | CM(0)

QRコード表示でエラー発生 

今朝の記事デモショップをいじって下さいで 、「QRコードも自動生成」なんて書きましたが撤回いたします。すみません。

もともと、自動生成されるQRコードはpngであったため、一部の機種では表示できませんでした。

この問題を解決するために、jpgよりも容量が小さいgif画像(1.74 KB)で改めて作って、別の方法で解決することにしました。

さすが、こういうところが携帯ならではのエラーといったところです。

このような感じで携帯サイトというのは、表示内容の充実さとページの容量を天秤にかけながらなるべく小さい容量で作らねばなりません。

一応、私は可能であれば50KB以内、最大でも100KB以内になるように作っています。

一部にPCサイトと携帯サイトを同時に生成するソフトやプログラムがあるようですが、ページの容量を確認する方がよろしいと思われます。

ウチは大丈夫です軽いです。50KB以内には収まっています。

Firefox(ブラウザの一種)にUser Agent Swithcerという機能があるので、携帯ブラウザに変更することで携帯用のサイトを閲覧することが可能です。

その後、買いパラで確認することができます。是非やってみてください。
みなさまの応援でこのサイトは成り立っています
>>> にほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ  <<<
いつもありがとうございますm(._.)m 謝謝!
[ 2009/05/26 22:05 ] 携帯サイトの作り方 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

dssupport

Author:dssupport
もしも大学特待生元6期生
私は継続してコツコツやるよりは、一気に作業を進める方が向いているようなのでもしもドロップシップをなさっている方の裏方にまわります。

ヤフーログール
お問合せ(相互リンク申請含)

名 前:
メールアドレス:
件 名:
本 文:

※相互リンク希望の方はURLもご記入下さい
イロイロランキング
携帯サイトの参考書


FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。